2010年05月28日

福島担当相の「閣僚辞任論」強まる 罷免に発展か(産経新聞)

 普天間問題で、連立政権の一角を占める社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相の「閣僚辞任論」が強まった。平野博文官房長官は28日午前の記者会見で、臨時閣議を28日中に開き、政府方針を決めるとの考えを示したが、混乱が予想される。

 北沢俊美防衛相は28日午前の閣議後の記者会見で、米軍普天間飛行場移設問題で政府対処方針への署名拒否の姿勢を示している福島担当相について、「閣内にとどまって反対することは内閣の存立を脅かす」と述べ、日米共同文書への県内移設明記に同意できないなら閣僚を辞任するよう促した。防衛相は「署名を拒否するということは首相に対する不信の表れになる。その前に自らの立場を明らかにする方が政治家として当然(の姿)だ」と強い調子で福島氏に辞任を迫った。

 これに対して、福島氏本人は28日午前、「(気持ちは)まったく変わっていない」と述べ、改めて閣議での署名には応じない方針を表明。日米共同声明について「辺野古に始まり辺野古に戻るとは思わなかった。とても残念だ」などとした上で、自発的に閣僚を辞任する可能性については「全く考えていない」と否定した。このため、鳩山由紀夫首相が福島氏を罷免する可能性も出てきた。

 社民党執行部には福島氏の署名拒否に伴う連立政権からの離脱への懸念が広がっている。執行部は27日から断続的に対応を協議し、28日午後にも衆参両院議員が集まって福島氏の説得を続ける。だが福島氏は同日も「(署名拒否は)党首として決めたのではなく、党として決定した」と自らの主張の正当性を強調。記者団から党内分裂の可能性を指摘されても「まったく考えられない。みんなの総意として異論なく決めた」と語った。

【関連記事】
共同声明に社民混乱「何が地球を守る政治だ」 福島氏、署名拒否明言は「まったく変わらない」
臨時閣議は「28日中」平野官房長官 「連立を崩そうという考え方ではない」
全国知事会 沖縄の基地負担軽減へ 首相、訓練の分散求める
地方もそっぽ? 交流事業優先で優先などで18知事が全国知事会議欠席 
「こんな総理、かなわんわ…」 鳩山発言に石原都知事激怒 全国知事会議
iPadが上陸

小林千代美衆院議員 議員辞職の意向 北教組事件で(毎日新聞)
父の口からあふれる血を吸い…被害者長男が必死の救護(産経新聞)
「対北追加制裁検討を」 自民・谷垣氏(産経新聞)
<豊川市職員自殺控訴審>パワハラ見て心労…原告側逆転勝訴(毎日新聞)
【いきいき】NPO法人「ノーベル」代表理事・高亜希さん(産経新聞)
posted by シラサカ アキオ at 13:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

TBS社員をかたり詐欺(スポーツ報知)

 テレビ局のTBS社員を名乗ってウソのもうけ話を持ちかけ、知人から現金20万円をだまし取ったとして、警視庁赤羽署は7日までに、詐欺の疑いで、埼玉県鳩ケ谷市の大村智容疑者(41)を逮捕した。

 赤羽署によると、同容疑者は昨年8月から10月まで、東京・北区の印刷会社でアルバイト。辞める直前の10月下旬に「オレはTBSの社員でディレクターだが、仕事で失敗した。今は謹慎中なので、バイトをしている」と身分をかたり、同僚だった埼玉県川口市のアルバイト男性(43)を詐欺にかけた。

 「業界関係者に頼んで、インターネットの通販会社のHP内に個人のHPを作れば、一般人がアクセスしてくる。すると、広告料として毎月15万円ほどが手に入る」という架空のもうけ話を信じ込ませ、HP開設手数料として20万円の現金を手にした。同容疑者は金を取るのと前後して「TBSに復帰するから」とバイトを辞めたという。

 2月初旬、同容疑者と連絡が取れなくなった被害者男性がTBSに確認したところ「そんな人間はいません」と答えがあり、ウソが発覚した。ほかにも、同様の手口で印刷会社の同僚だった4人から30万円ほど詐取したとみられ、被害額は計約55万円。同容疑者は「金は生活費や飲み代に使った」と供述している。

 【関連記事】
鳩ケ谷市 大村智 印刷会社 を調べる

都道府県の超過負担、4割増の267億円―難病の医療費助成で(医療介護CBニュース)
米大統領どこまで理解?まだ判断つかず…首相(読売新聞)
<子ども手当>一部現物支給を提言…民主党の国民生活研究会(毎日新聞)
JR3年ぶり増、航空も好調=GW、日並びと天候恵まれ(時事通信)
京都の点滴混入事件、きょうから裁判員裁判(産経新聞)
posted by シラサカ アキオ at 20:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月30日

痴漢事件で男性に無罪=被害者証言の信用性否定−福岡簡裁(時事通信)

 スーパーで女性客3人の尻などを触ったとして、福岡県迷惑防止条例違反罪に問われた九州経済産業局職員の男性(36)に対し、福岡簡裁が「被害者の供述を信用することはできない」として無罪判決(求刑罰金30万円)を言い渡していたことが分かった。判決は22日付。
 男性は2007年7月14日午前1時20分ごろに、福岡市中央区のスーパーで買い物中の女性3人の尻など下半身をそれぞれ指で触ったとして現行犯逮捕された。捜査段階から一貫して容疑を否認していたが起訴され、公判では被害者証言の信用性が争点だった。 

【関連ニュース】
触った相手は女性警察官=電車内、容疑で43歳男逮捕
入省したての農水省職員逮捕=電車内で女子大生触った疑い
「痴漢は絶対に許さない!」=警視総監らがチラシ配布
救急救命士、盗撮の疑いで逮捕=コンビニで女子高生に
ベテラン刑事を盗撮、その場で御用=容疑の31歳男

不均衡是正や金融規制を議論=23日にG20財務相会議(時事通信)
舛添氏「夢と希望あふれる日本を作る」(産経新聞)
ルックスだけで23年!KANが最新アルバムの裏側を語る
【高速道路新料金】前原国交相反論「方針通り進める」(レスポンス)
覚せい剤「警官が混入」は虚偽=韓国籍女の薬物使用事件−大阪府警(時事通信)
posted by シラサカ アキオ at 03:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。